RSS | ATOM | SEARCH
ブエノスアイレスの日本旅館
日本を出発してから9日目
ただいま2カ国目
アルゼンチンのブエノスアイレスにいます


 さすがに昨日はゆっくり眠れた。といっても、寝たのは1時半くらいだったけれど、久しぶりに8時間くらい熟睡した。どこでもすぐ寝れるのが取り得なのだけれど、日記を書いたり明日行く場所の情報を調べているうちに、いつのまにか寝るのが遅くなってしまい、朝もすぐ起きて出て行ってしまうのだ。

 今回の旅の場合、これが1年つづくわけだから、このままではいけないと思うのだが、無理に寝るのは好きではないので、放っておくことにしよう。そのうち身体に無理がくれば、勝手に寝るようになるだろう。

 今日は移動日。マル・デル・プラタの最初の目的、ビーチとカジノは一応味わったので、そろそろブエノスアイレスに戻ることにする。

 同部屋の仲間はまだ寝ていたので、起こさずにそっと出て行こうと思ったのだが、それもちょっと寂しかったので、部屋のキーに「SAYONARA」と書いた紙を貼っておいた。僕が宿に来てからというもの、何かあるにつけ、「SAYONARA!」「ARIGATO!」「KONNICHIHA!」と叫んでいたからだ。

 これまでの移動はすべて長距離バスを使っていた。本来なら好きな列車に揺られて旅をしたいのだが、南米は列車があまり走っていない。
 
 でもこの長距離バス、すごくいい。それこそ日本で走っているバスよりも大きくて乗り心地がよくて、サービスがいい。
 ほとんどの長距離バスが2階建てで、コーヒーやお菓子などを配ってくれる。いろんなバス会社が客引き競争してくれているおかげなのだけれど、今回のブエノスアイレス行きはせっかく路線が走っているので列車を使おうと思った。

 宿から駅は結構離れていたのだけれど、歩いて行けない距離ではないので、荷物をひっぱりながら駅に向かう。が、駅についていざチケットを買おうとすると、すでに満席。このあと出発する便も空いていないという。仕方なくバスターミナルに移動。暑い中荷物をひっぱりながら、今来た道を引き返す。

 ようやくバスターミナルに着いたのが13時半で、急いでチケットを探したのだが、17時発か23時発のチケットしか残っていなかった。

 ブエノスアイレスまでは5時間半かかるので、17時のバスに乗れば22時半、23時のバスに乗れば4時半に着く計算になる。夜行に乗れば今日の夜の宿を心配する必要はないのだが、結構歩いていたため、23時までターミナルで待つのが面倒になった。
 勢い17時のバスを予約する。22時半に現地に着いてどうするかという心配はあったが、まあなんとかなるだろう、ケセラセラ。料金は43ペソ(1600円)となかなか手ごろだった。


遅めの昼食。これで8・5ペソ(330円)。


こちらの灰皿は中央に突起がある。火消しに便利。

 定刻に出発したバスは順調に走る。が、ブエノスアイレスまであと1時間というくらいになってバスが止まる。大渋滞だ。なかなか進まない。
 結局ブエノスアイレスに着いたのは日をまたいだ午前0時15分。
 うーん、どうしよう?

 本当なら駅の近くの安宿街を歩いて探そうかと思ったのだけれど、この時間ではちょっと厳しい。バスターミナルにはたくさんの人がいたので、そのまま朝まで過ごすことも一応視野に入れながら、ダメもとで1本電話を入れた。

 ブエノスアイレスの郊外にある日本人が経営する宿、「日本旅館」の連絡先が運良くノートパソコンに入っていたのだ。

 電話に出た宿主のオヤジは感じのいい人で、「あ、いいですよ。お待ちしています」といって、宿の場所を教えてくれた。
「看板は出ていませんから、番地を見てきてください。タクシーでも14ペソくらいで来れると思いますから」
 ――お、やった。ついてるなあ。

 タクシーに道を伝え、宿に向かう。かなり飛ばすタクシーだったが、21ペソかかった。遠回りされたのか、宿主のオヤジにだまされたのか。まあいいや、宿がドミトリーで一泊15ペソ(570円)だから、タクシー代を加算したところで安い。

 宿に着く。確かにわかりにくい。ドアに小さく、「日本旅館」と貼ってあるだけだ。
 中に入ると日本人の声がする。嬉しくなって中に入っていくと、そこはもう、日本人だけの宿だった。ロビーではNHKの放送が流れ、将棋をさしている人がいる。本棚には日本の漫画と書籍が並び、米とラーメンも置いてある。宿主のテツさんが宿の中を案内してくれ、寝る部屋を自分で決めさせてくれた。

 うーん、いごこちがいい。でもなんかなあ、という思いもあった。そのあたりは明日の日記にでも書くとして、とりあえず今日は助かった。たまっていた洗濯物を片付けると、片付けもそうそうに眠りにはいった。




これじゃ、なかなか分からない。お客はほぼ口コミだという。


談話室にはたくさんの日本の書籍とNHK放送が。


麻雀卓もあった。


これが今回の4人部屋。すごく広い。
author:tiger, category:Arzentina, 14:44
-, -, - -