RSS | ATOM | SEARCH
北京で英気を養う
旅日記第3部 《インド編》
旅を始めて2日目
現在、中国の北京にいます。


 昨日は中国人の友達の家にそのまま泊めてもらった。なんとなく酒の残った感じで目を覚まし、1年間暮らした北京の町を歩く。今日は午後8時半の飛行機に乗らなければならない。
 途中降機にしてしまうと追加料金が発生するので、途中降機にならない24時間以内に北京を離れることにしたのだ。昼間は連絡のとれた何人かの友人と1ヶ月ぶりに再会し、こともあろうか久しぶりの北京の昼食を日本食ですましてしまった。
 1ヶ月ぶりの北京、特に違和感はなかった。インドの帰りにも北京に寄るつもりなので、その時はゆっくり北京を楽しもう。

 オリンピック用に新設された立派すぎる北京空港第3ターミナルを飛び立ったのは20時35分だった。飛行機の中ではいつもどおり熟睡した。うん、このへんはまだ衰えていない。

 最初の目的地はデリー。ホテルはまだ決めていない。いや、実は旅のルートも決めてなければ観光名所のチェックもしていない(知っているのはタージマハルとガンジス川だけ)。バックパックに入っている買ったばかりの「地球の歩き方 インド」が唯一の情報源だ。

 これから訪れるインドにはいったい何が待ち受けているんだろうか……。


北京空港は成田空港より立派


これがインド行きの飛行機。落ちませんように。
author:tiger, category:インド編, 17:17
-, -, - -