RSS | ATOM | SEARCH
最後の旅へ
 世界一周を終え、北京に滞在すること1年。2年間の海外生活を終えて帰国し、そろそろ仕事をしなければと思っていたら忘れ物に気が付いた。“インド!”世界一周で時間が足りずに行けなかったこの国にだけは行っておきたい。
 そういうわけでインドを旅のゴールにすることにした。タイガーの旅日記・第三部《インド編》スタート!



旅日記第3部 《インド編》
旅を始めて1日目
現在、中国の北京にいます。


 北京から日本に帰国して1ヶ月。再び異国へ飛び出してしまった。今回の目的地はインド。「旅日記第2部 北京滞在編」をすっかりさぼってしまったので、今回のインドは毎日ブログを書こうと思う。(とかいってサボっちゃったらすいません)

 まずはインドへ行くことになった経緯から。
 2007年の世界一周、僕はインドに行く予定だった。それが時間が足りず、せっかく航空券があったのにインド行きを断念してしまった。
 でも、どうしてもインドだけは行きたい。1年間で40カ国を周ったけれど、旅を終えてからもインドは必要なピースのような気がしてならなかった。
 これじゃあ世界一周を終えた気がしない。うん、それじゃあ行っちゃおう! でもって、これを旅のゴールにしよう! 
 というわけで、インドの旅が決定した。予定期間は2ヶ月半。これで足りるか足りないかは分からないけど、とにかくこの期間でインドを満喫するつもりだ。


 成田発の飛行機が着陸したのは深夜11時。降り立った場所はなぜか1ヶ月ぶりの北京だった。
 インド人は超がつくほど「むかつく」らしい。航空券を北京経由にして旅の前後にちょっと北京に寄って癒されようと思ったわけだ。


この旅最初の機内食。


(たぶん)上海上空を通過。

 空港バスはすでに終わっている。タクシーを飛ばして中国人の友人宅へ直行し、友人宅に着いたのは日付が変わって7日の0時40分だった。
 そして深夜1時から飲み会開始。こんな時間にもかかわらず、僕が1日しか北京にいられないということで友人たちが4人も集まってくれた。1ヶ月前に送別会をしてくれた時と同じ顔ぶれだった。

「日本はどうだった?」
「うーん、なんか正月に田舎に帰省したかんじだね」
「インドに行くの早かったね」
「いや、日本は花粉症がきつくって……」

 とりとめのない話をしているうちに時間は午前4時をまわっていた。久しぶりに中国の辛いおでんを食いながら、久しぶりに中国の燕京ビールをいっぱい飲んだ。日本の生中にはかなわないけれど、燕京ビールは一本30円。安いということはいいことだ。


author:tiger, category:インド編, 17:07
-, -, - -