RSS | ATOM | SEARCH
帰国後 41カ国目>
 1年かけて40カ国をまわったタイガーの世界一周の旅も1月8日の帰国をもって無事終了。このあとは当初の予定通り中国の北京に飛んで、そこで1年間滞在するつもりです。
 出国までは1ヶ月ちょっと。帰国後も慌しい日々がつづくけれど、世界一周を振り返りながら日本での滞在記を書いていきます。(毎日書くのはやめにしました。辛いので)



《番外編・日本帰国後 

 旅は終わらず。41カ国目ジャパンでパッカー暮らし



 1月8日に日本へ帰国。
 帰ってきたのはいいけれど、あいにく僕には家がない。本当だったら、とりあえず実家に帰って英気を養うこところなのだけれど、北京出発までは一ヶ月ちょっと。実家へは5日間だけいて世界一周の後片付けをすますと、すぐに東京に戻って手続きと準備に追われていた。

 ビザ申請、健康診断、カード類の整理や中国滞在の準備……。そして何より大切なのは、旅で知り合った仲間、日本にいた仲間との再会だ。
 これはけっこう忙しい。千葉に親戚の家はあるものの、東京との往復にかかる電車代もばかにならないし、時間もかかる。仕方ないので東京でもバックパッカーをすることにした。

「41カ国目、ジャパン!」だ。


1年間頑張ってくれたバックパックを日本でも使うことに。


 何軒か泊めてもらえそうなところはあったのだけれど、当たり前のことながら日本のみなさんは「仕事」をしている。住所不定無職で遊んでいる男が泊まるだけでおじゃまするのはさすがに気がひけたので、漫画喫茶を利用することにした。

 今の漫喫はすごい。ドリンク飲み放題、ネットやり放題、もちろん漫画も読めるし、DVDも見れるし、ゲームもできる。部屋は個室になっていて、シートを倒すとベッドになるので、寝るのには困らない。シャワーもついていて無料で使用できる。
 ナイトパックを使えば6時間1300円くらいですむので、かなりお得だ(海外の安宿よりはずっと高いけど)。




 でも、漫画喫茶は実はそれほど利用しなかった。一緒に飲んだ旅仲間は約束もしていないのにそのまま家に泊めてくれたし、中盤以降は新たなネグラを渋谷のド真ん中に確保することができたのだ。

 そのネグラとは雀荘だった。
 日本で仕事をしているときにマスコミ関係の人とよく打っていた雀荘があって、一度荷物を置かせてもらいにいったのだけれど、そこのマスターとママさんがいい人で、

「3階のフロアは夜中は空いてることが多いから、勝手に入ってソファベッドで寝ていいよ」

 と言ってくれ、部屋の鍵まで渡してくれたのだ。
 
 ――えっ、いいの? 僕なんて昔店に来てた普通のお客ですよ。

 お言葉に甘えていいのか迷ったけれど、あまりお金も使えないし、漫喫暮らしも疲れるので、ずうずうしく甘えさせてもらうことにした。
「店にあるものは好きに飲み食いしていいよ」と言ってくれた。どこまで至れり尽くせりなんだと思ったけれど、さすがにそれは申し訳ないのでウーロン茶だけいただいた。
 真夜中に雀荘に帰ってくると冷蔵庫からウーロン茶を出して一服し、ソファベッドを倒してそのまま死んだように熟睡する。朝起きたら1枚だったはずの毛布が2枚になっていたり、朝食といってスパゲティが机の上に置いてあったり……本当にお世話になってしまった。
 これではまるで「坊や哲」(阿佐田哲也「麻雀放浪記」)ではないか。

 日本もまだまだ捨てたもんじゃない。異国で味わった人の優しさを日本でも感じられて嬉しくなった。




 日本に帰ってきたというのに、まだまだ旅は終わらない。日本語をしゃべる奴がやたら多い国に来たかんじだ。
 食い物は美味い。物価は高い。街は物で溢れ、人は慌しく生活している。初めて日本を客観的に見れる気がするこの1ヶ月はひょっとしたら旅中よりも大事な時間なのかもしれない。



author:tiger, category:日本帰国後, 02:10
-, -, - -