RSS | ATOM | SEARCH
プノンペンの小学校
日本を出発してから340日目
ただいま38カ国目
カンボジアのプノンペンにいます


 今日はプノンペンの市内を観光しよう。そう思っていたものの、どうにも気分が乗らない。簡単に言ってしまえば面倒くさかったのだ。

 10時に宿を出て近くの食堂で朝飯を食うと、とりあえずすぐ近くにある「ワット・コー」に行ってみた。ワット・コー自体はそれほどすごい寺院というわけではなかったけれど、寺院の裏側にまわってみると、小学校とつながっていた。


今日の朝食。


ワット・コー。




 小学校は一般人も自由に出入りできるみたいだ。僕が敷地内を勝手にまわって、子供たちと話していても誰からも注意を受けなかった。
 小学校の敷地内には文房具や食事を売っている売店があった。売店によっては大人に交じって児童が店番をやっているところもある。たしかにこの国では幼い子供たちも働かなければならないようだが、この売店も教育の一環で、当番制にして店番をしているのだろうか?






売店。

 学校の敷地内を1時間ばかし散歩して、教室を覗いたり出店で暇つぶしをしたりした。出会ったカンボジアの子供たちはみんな元気いっぱいだった。最近の日本の子供たちはどうなんだろう? これくらいの元気があるのだろうか? 気になる……。


今日の昼飯はお粥。このお粥は絶品だった。


この食いもんはなんだろう?


カンボジアもやっぱりバイクだらけ。バイクのスッテッカー屋は品数豊富。
 

 午後からはネットカフェにいって、ブログの更新。最初は1時間の予定で入ったネットカフェだったけれど、調子がよかったのでそのまま時間を忘れてブログを更新しつづけた。

 ――市内観光は明日すればいいか……。

 結局、市内観光をあとまわしにしてネットカフェに籠もり、店を出たのは夜中の11時だった。ということは10時間以上もパソコンの前に向かっていたことになる。
 1時間1500リエル(45円)だから10時間でも450円だけど、やりだしたら止まらないところは日本にいるとき同じだ。

 ネットカフェを出ると、さすがに10時間座りつづけていたので腰が痛い。尻も痛い。
 会社で働いていたときも同じような状況はよくあった。長時間労働で疲れてはいるのだけれど、達成感のほうが先にたって心地いいのだ。で、会社を出てそのあと向かった場所といえば「飲み屋」。これは夜中の12時だろうと、深夜3時だろうとかわらなかった。充実した仕事をした後は、ビールにかぎる。

 飲み屋は高いので行けないが、近くの屋台でビールを頼み、一人で「お疲れさま会」をすることにした。
 カンボジアは物価が安い。最近は高い店も増えているようだが、路地裏の屋台などは今でも3ドルあればビール2本、おつまみが4皿くらいは食べられる。
 今日は豪勢に4000リエル(120円)の海鮮焼きそばを頼んでみた。焼きそばをおつまみにビールを飲む。うーん、美味い!





 酔っ払って宿に帰り、結局寝たのは3時過ぎだった。明日の観光がさらに面倒くさくなってきた。どうしよう、やめちゃおうかな……。


かわいい子発見!


現在の宿。ツインで5ドル。
 



author:tiger, category:Cambodia, 02:09
-, -, - -