RSS | ATOM | SEARCH
近くの民家で仲良し兄妹と再会
日本を出発してから336日目
ただいま37カ国目
ベトナムのメコンアイランドにいます


 ここメコンアイランドではホームステイ先以外にも会いたい家族がいた。この家族も前回の滞在中に会っていて、ホームステイ先から歩いて5分のところにある普通の民家だ。
 前回は一人で島を散歩しているときにたまたま仲良くなって、滞在中に何度も遊びにいった。11歳の少年ヘインと4歳の少女クエン。彼らは元気にしているだろうか?


 ステイ先で朝6時に目を覚ますと、もう何人かは庭を掃いたり食事の準備にとりかかっていた。僕も掃き掃除を手伝い、朝食のヌードルとベトナムコーヒーをいただいてしばらくハンモックに揺られたあと、9時になったのでその民家を訪ねてみることにした。


早朝のメコン川。




 メコン川まで出て、そこから川沿いに少し歩くと、その民家は去年と全くかわらない姿のまま残っていた。彼らにも前回の帰国後に写真を送っていたのだが、果たして覚えてくれているだろうか……。

 家の正面にまわると、奥のほうに少年がいた。おそるおそる手を振ると、僕だとわかったのか、笑顔で手を振り返してくれた。間違いない、ヘインだ! 僕のことをちゃんと覚えてくれていた。
 彼はすぐに奥のほうに走っていき、もう一人の住居人を呼んできた。大きな目をした黒髪の少女、クインだ。家の前までくると少しはにかんで恥ずかしそうにし、こちらに手を振ってくれた。彼女も僕のことを覚えてくれていたらしい。

 一緒に住んでいるお母さんはちょうど留守だった。ヘインに聞くと、裏の畑に行っているらしい。英語はまったく通じないので、身振り手振りで「写真は届いた?」と聞くと、すぐに抽斗を開けて写真をもってきてくれた。
 写真のありかをちゃんと把握しているということは、写真が届いたあとも何度か見てくれていたんだろう。これは嬉しい。


1年前の兄妹はこんなかんじ。


現在のヘインとクイン。



1年前のクイン。かなり幼かった。


現在はちょっとお姉さんに。

 ヘインはちょっとお兄さんになっていた。クインはこの1年3ヶ月で見違えるようにお姉さんになっていた。子供の成長は早いなあ。でも、5歳のクインが僕のことをちゃんと覚えてくれていたとは……。
 一緒に写真をとり、少しのんびりすると、「また後でくるよ」と言って1度ステイ先に戻ることにした。
 帰り道の足取りが軽い。再会の喜びをいっぱいに感じて家に戻ると、すぐにまた会いたくなって、1時間後にはまたその民家に遊びにいってしまった。

 今度はお母さんも畑から帰っていて、僕を歓迎してくれた。自分の家でとれたフルーツをくれ、僕の送ってくれた写真を見ながら通じない言語でいろんな話をした。
 前回訪れたときはすっかり気に入ってもらい、親戚の娘の写真をもってきて「この娘と結婚しない?」とすすめられたが、今回は残念ながらその話はなかった。彼女は結婚してしまったのだろうか……。


1年前のお母さん。


現在のお母さん。あまり変わってない。


これは近所のおばさん。


 ヘインとクインは自分が勉強しているノートを次から次にもってきて、僕に見せてくれる。僕も負けてはいられないので、お得意(?)の折り紙で紙ひこうきや鶴を折って彼らにプレゼントした。

 ヘインは11時になると学校に出かけていった。ここの小学校って、こんな遅い時間から始まるのだろうか? そのあとしばらくクインと遊び、お昼になったのでステイ先の家に戻ることにした。
「また来るよ」と言って帰ろうとすると、お母さんが「お昼をここで食べていかない?」と誘ってくれた。せっかくだけど、ステイ先で食事が用意してあるはずなので丁重にお断りして家に戻った。
 1年たっても少しも変わっていない。ここの家族は本当にやさしいなあ。





 ステイ先に戻ると、僕の帰りを待っていたように食事が用意されていた。今日もここには「メコンデルタツアー」のお客さんが大勢やってくる。僕に料理をだしてくれると、急いで台所に戻り、せわしなく昼食の準備にとりかかっていた。


今日の昼食。ツアー客よりかなり豪勢。


せわしなく働く女性陣。



 しばらくすると日本語ツアーの一行がやってきた。聞きなれた日本語が遠くのほうから聞こえてくると、なんだかちょっと恥ずかしくなるのはなぜだろう。
 15分ほどすると英語ツアーの一行もやってきて、家の人は大忙しだ。僕も食事をたいらげると料理や飲み物を運ぶのを手伝ったのだが、今日もここでホームステイする観光客はゼロだった。
 こんな貴重な体験ができるのに本当にもったいない。でも、あと1日、ここでのホームステイを独り占めできることを考えると、正直いって嬉しかった。

 午後からは食事の片付けを手伝ったあとでガキんちょと遊び、空いた時間にはテラスに座って読書をしたりポストカードを書いたりしていた。
 夕方からはボートで昨日と同じ民家にいって夕飯を食い、夜中も昨日と同様に男たちと酒を飲みながら談笑した。






今日の料理も当日入手。




さっきむしってた鳥はおつまみに。


クリスマスの工作をする少女。

 時間がのんびり過ぎていく。でも、あっという間に過ぎていく。残りあと半日。ツアー会社に無理言ってホームステイを2泊にしてもらったけれど全然足りない。次回来るときは5泊くらいしたいなと思った。




author:tiger, category:Vietnam, 01:37
-, -, - -