RSS | ATOM | SEARCH
ひさしぶりのホーチミン
日本を出発してから334日目
ただいま37カ国目
ベトナムのホーチミンにいます


 35時間走り続けた列車は早朝6時10分にホーチミン駅に到着した。

 ガキんちょと遊びながら、食っちゃ寝食っちゃ寝していた列車移動。寝台車だから疲れたら横になれるというのはよかったけれど、列車から外に一歩も出ずに35時間はやっぱりちょっと長かった。

 なまった身体を動かしながらホーチミンの駅前に出ると、とりあえずデータム通りにバイクタクシーで向かうことにした。
 ホーチミンには去年の9月に1度訪れていて、そのときは初めての東南アジアに浮かれていた。
 想像していたよりはるかにメシが美味いこと、日本人の若者が気楽に訪れていること、世界一周中の旅人に会ったこと……。

 なかでも特によかったのが、現地ツアーで参加した「1泊2日メコンデルタツアー」で現地人の家にホームステイしたことだった。
 生まれて初めてのホームステイがメコンデルタの島。たった1日だったけど現地人に本当によくしてもらった思い出が僕のなかにずっと残っていた。

 ――彼らと再会したい。

 それが今回、1ヶ月しか時間のないアジアの旅でインド・ネパールをやめ、東南アジアをまわることに決めた理由だった。
 インド・ネパールはまた時間を作っていけばいい、けれどメコンデルタでお世話になった人々とは今回の旅で再会したい。そんな感じだった。

 子供はどれだけ大きくなったんだろうか、おばあちゃんは元気だろうか、あの娘はそろそろ結婚したかなあ……。


 データム通りにバイクタクシーが着くと、とりあえず宿探し。このあたりは安宿が密集している場所なので特に下調べもしていなく、適当に値段をききながら数件まわって、「CAPITAL HOTEL」という宿に決めた。
 シングルで6ドル(700円)、部屋は空調、シャワー、トイレ、テレビ付でフロントではネットをタダでできる。なかなか便利のいい宿だった。

 部屋に荷物を置くと、とりあえず腹が減ったので近くの食堂に朝飯を食いに行った。もちろんオーダーはフォー。本当にフォーは美味い。


今回の部屋。なかなか快適。



 そのあとは現地の旅行会社に件の「メコンデルタツアー」を申し込みにいった。担当の人に聞いてみると、ホームステイ先は1年前と変わっていないらしい。これはラッキー。どうやら前回泊まった家にまた泊まれそうだ。
 しかも、本来なら1泊しかできないホームステイを無理を言って2泊にしてもらった。これで現地に丸2日滞在できる。料金は30ドル。食事付、観光付、宿泊費付でこの値段はかなりリーズナブル、これで明日から3日間、楽しい時間が送れそうだ。

 このあとは一旦宿に帰って休んだあと、午後からベンタイン市場にくりだした。ベンタイン市場は観光客用の土産物売り場で、建物の外では地元民用の食材なども売っている。



 値段はすごく高いということもないが、それほど安くもない。ただ、この市場は観光客用ということもあって、やたら日本語を話す売り子が多い。
 そのうちの一人に聞いてみると、ここの売り子はそのために日本語教室に通っているのだという。

 ――うーん、どうりで。でも、そこまでするのか……。






めっちゃキレイな子を発見!


 アジアでは旅も最後だし物価も安いので、お土産は買っていこうと思っていた。ここは色々なものが売られているので歩いているだけでも楽しいし、買えればさらに面白い。売り子と話をしながら時間をかけて値下げ交渉して、いくつかのお土産をゲットした。

 その中でも特に値引きをしながら仲良くなったコーヒー屋の売り子の女の子と一緒に夕食を食いにいくことになった。
 ベトナムの屋台はどれも美味しいのだけれど、一人ではあまり種類が食えないし、すぐに食ってしまうので何か味気ない。食事はやっぱり誰かと一緒のほうが楽しい。楽しい会話は料理の味をひきたててくれる最高の調味料だ。


日本語が流暢なヒイン。とても真面目な子でした。

 ベトナム風生春巻と蒸した貝、それに海鮮鍋を注文してビールを飲んでいると、横でいつのまにかビデオカメラがまわっていた。
 韓国のテレビ局がベトナムのグルメ取材にきていたらしい。ビデオカメラはこちらにも向けられて、思わず取材に答えてしまった。

「いや、ベトナム料理は最高ですよ!」
「ほんと、安くて美味い!」

 観光客丸出しのコメント。もっと気の利いたことを言いたかったのだけれど、まあ、それもいいでないか。ひょっとしたら今頃、韓国のテレビに僕が映っているかもしれない。


ベトナムといえば生春巻


コレ、美味かった。


なかなか豪勢。でもビール3本飲んで会計は2人で1000円ちょっと。


韓国テレビの取材クルー。

 食事が終わると彼女と別れて、ひとりで歩いて宿まで帰った。道路はバイタクでいっぱいだ。世界をいろいろ見てきたけれど、これだけのバイク交通量をほこるのはホーチミンくらいだろう。

 明日はいよいよ楽しみにしていたメコンデルタのホームステイ。
 いや、楽しみでヤバイ。
author:tiger, category:Vietnam, 11:25
-, -, - -