RSS | ATOM | SEARCH
世界一危険な都市ヨハネスブルグにビビる
日本を出発してから321日目
ただいま34カ国目
南アフリカのヨハネスブルグにいます


 今日は移動日。午前中に土産物売り場をまわって、お昼には宿からでているピックアップバスで空港に向かった。


土産物売り場






食堂のおばさんたち。


 ジンバブエから南アフリカのヨハネスブルグへの久しぶりの飛行機移動だ。
 ヨハネスブルグ。この都市は「世界で一番危険な町」として有名だ。世界中の国々を100カ国以上まわった旅人に聞いてみても、

「あそこは世界で一番危険だよ。しかも、ぶっちぎりで!」

 といってくる。ということはよほど危険なのだろう。実は僕、この町が危険だということを旅に出るまでは全く知らなかった。
 ヨハネスブルグよりもケニアのナイロビのほうがよほど危険だと思っていたくらいだから、いかに予備知識が足りなかったかがわかる。

 南アフリカが今度のワールドカップの候補地になっていることはご存知かと思うが、それほどこの国はアフリカのなかでもズバ抜けて近代化されている。
 アパルトヘイトという人種差別があったことでもわかるように白人が多いのだけれど、逆にその影響からか犯罪もあとをたたない。
 その頻度は世界中の他の都市を圧倒しており、ふつうにダウンタウンを歩いていたら、強盗に遭わないほうがめずらしいくらいだ。
 銃も普通にでまわっており、殺人事件もかなりの数起こっているらしい。

 という都市なのだけれど、じゃあ危険で行けないかと言われればそうでもない。危険な都市には危険な都市なりの危険を回避するシステムが作りだされているのだ。
 空港からホテルまではホテルの送迎を使い、どこかに行く際もタクシーを利用する。ただ、一番治安の悪いダウンタウンでは信号が赤でも車は止まれないそうだ。その隙に強盗に襲われてしまうらしい。
 さらに、タクシーを降りてホテルまで30メートルしかなくても、タクシーの運転手に「走れ!」といわれるらしい。

 というわけで、この都市をどうしようかと思っていたのだが、日数の関係と以上の治安の悪さから、ヨハネスブルグでの滞在はわずか1泊にしてしまった。
 正確に言うと、26時間。これでは何にもできない。

 というかヨハネスブルグにいても犯罪が多くて町にあまり出られないので、どのみち何もできない。


ヨハネスブルグに到着。

 空港で無料送迎のあるホテルを探していたのだけれど、宿泊しようと思っていたホテルに電話すると、無料送迎はなくなったという。タクシーに料金を聞くと、3千円くらいかかると言われたので、ここはあきらめて無料送迎のある空港近くの宿に宿泊することにした。
 この都市は物価も高いのだ。

 空港のすぐ裏側にある「シューストリング・エアポートロッジ」は1泊80ランド(1300円)。ビリヤード台やプールもついているとても居心地のいい宿で、僕が泊まったのはドミトリーだったのだけれど、一人だったのでゆったりとくつろぐことができた。
 このあたりは治安もほぼ問題ないらしい。それでも治安については宿のスタッフに慎重に確認して、安全を確かめてから近くのスーパーまで散歩にいった。
 スーパーはそれほど大きくはなかったけれど、これまでいたジンバブエのガラガラの棚とくらべればかなり充実している。
 町の人もとてもいい人ばかりで、治安のよさに安心して、近くにあるバーに行って一人でビールを飲んでいた。


他のアフリカとは雰囲気もまったく違った。

 帰ってみると、僕が道を聞いた宿のスタッフが心配して待ってくれていた。スーパーは近いはずなのに、いつまでたっても帰ってこないので心配していたらしい。

 失礼しました。

 
 というわけで、何の問題もなく、無事に終わりそうなヨハネスブルグ。明日のお昼には飛行機で脱出するわけだが、正直言って、

 物足りない!

 世界一危険な町ヨハネスブルグのダウンタウンはいったいどんな場所なのか? タクシーの中からでいいから一度見てみたかった。
 ヨハネスブルグを1泊にしたことは正直いって後悔。でもまあ、命あってのものだねだけど。


夜中はビールを飲みながらプールサイドでのんびり。
author:tiger, category:South Africa, 19:18
-, -, - -