RSS | ATOM | SEARCH
ビクトリアフォールに再チャレンジ!
日本を出発してから320日目
ただいま33カ国目
ジンバブエのビクトリアフォールズにいます


 朝からあいにくの雨模様にもかかわらず、今日は午前中から精力的に動き出した。目的は2度目のビクトリアフォールである。

 イグアスの滝もアルゼンチン側とブラジル側の両方から滝を見た。ナイアガラの滝もカナダ側とアメリカ側の両方から。ならば今回もザンビア側からだけではなくて、ジンバブエ側からも見なくてはというのがその理由だ。滝は、場所によってさまざまな表情をもっている。だから飽きない。

 入場料はザンビア側の倍で20ドル。これは正直いって痛かったが、昨日から今日にかけての雨で多少水量は増えているかもしれない。
 わずかな期待を抱きながらチケットを買い、公園内に入っていくと、雨は次第に激しくなっていった。

 滝はというと、3日前に見たザンビア側と同じように、横に長く広がった岩盤が目の前につづき、そこを水が流れ落ちるという光景だった。







 うん、確かに水量はザンビア側とくらべるとかなり多い。

 もちろん満足できるところまではいかないけれど、水煙か雨かわからないような霧状の水を全身に浴び、びしょ濡れになりながら滝を見ていると、なんか滝を見に来たという気分になってしまった。




もう水煙で何も見えない。

 本当はのんびり滝の流れを見ながらポストカードでも書こうかなと思っていたのだけれど、雨は激しくなるばかり。急ぎ足で園内のコースをまわって、お昼前には宿に戻った。


子供たちが見に来てた。


巨人の二岡発見。


二岡。

 帰り道。雨があがって青空が広がっていく。うーん、失敗。あまり気合をいれすぎず、午後から行けばよかった。
 昼飯は昨日と同じように宿のスタッフルームで特別に調理させてもらって、午後からは町をうろついた。郵便局にいってポストカードを送ると、料金は日本円でたったの20円だった(公式レートでジンバブエドルを買ったとすると100円くらいだけど……)。
 ポストカードを送った人にはかなり迫力のあるビクトリアフォールの写真が送られているはず。全盛期の滝はこうなのだろう(ううっ、すごい……)。
 残念ではあるけど、この時期に来てしまったのだから仕方ないよね。また次回(があるのか?)に期待しよう。


こっちのポストは日本とほぼ同じ。


僕の顔をみるとすぐにたかりに寄ってくるガキんちょコンビ。2日で3回もおごらされてしまった。

 
 
 
 
author:tiger, category:Zimbabwe, 19:16
-, -, - -