RSS | ATOM | SEARCH
バス会社にだまされ、国境で足止め
日本を出発してから314日目
ただいま32カ国目
ザンビアのナコンデにいます


 止まったバスでの宿泊はこの旅で初めてだった。朝8時にバスを降りて国境越えし、ビザ25ドルを払ってザンビアに入国すると、そこでもバスは止まったままだった。

「おーい、出発はいつなの?」

「夕方6時だ」

「ちょっと待ってよ。なんで夕方6時まで待たないといけないの?」

「いろいろ荷物を積まないといけないからね」

「…………。」

 そんなの知らないよ。そっちの都合でしょ。本当は今日の朝6時にはルサカに着いてるはずだたのに……。
 これから夕方6時まで何しろっていうの!

 というわけで、怒りが収まらぬままカフェへ。カフェには同じ被害に遭ったドイツ人夫妻もいて、一緒にこのバス会社をグチりあった。

 そのあとはずっと読書。こういうときに本があると助かる。現在読んでいる本はジョン・グリシャムの「パートナー」上下巻。これがなかなか面白い。元弁護士が自分を事故死にみせかけて海外逃亡する話だ。

 のんびりカフェで読書してたらけっこうあっという間に夕方6時になってしまった。
 バスに乗り込むとバスは通路から座席下から物でいっぱいだった。この荷を積むために今日1日使っていたらしい。僕らを待たせておいて……。
 安いタンザニア物資をザンビアで売りさばくのだろう。乗ってる客に対してはホントいい加減、あー頭にくる。

 みなさん、タンザニア・ザンビア間の移動は「ファルコン」というバス会社を使うのはやめましょう。痛い目に遭います。
(ちなみにこの会社のスタッフに小額の両替を頼んだら、かなりボられそうになった)

 本日、なんとかザンビアに入国したわけだが、僕はこの国のことを何も知らない(本当はタンザニアからマラウイ、モザンビークと移動する予定だったので)。
 言語も知らなければ、ビザの有無も知らなかった。換金レートもお金の単位も知らないし、地図のたぐいはいっさいない。
 全く資料なしで、とりあえず何とかなるだろうという実にいい加減なかんじで入国してしまったのだ。
 
 今後の予定はルサカに行ったあと、リビングストーンに移動。そこでビクトリアフォールズを見て、そのあと国境越えしてジンバブエ。

 果たしてうまくいくだろうか……。乞うご期待!
author:tiger, category:Zambia, 16:20
-, -, - -