RSS | ATOM | SEARCH
フラミンゴのピンクの絨毯
日本を出発してから306日目
ただいま31カ国目
ケニアのナクルにいます


 サファリツアー4日目。

 泣いても笑っても今日がサファリツアー最終日。ナクル湖国立公園は宿から15分という距離にあり、朝っぱらからゲームドライブに出発した。

 まず発見したのは黒サイ。これはかなり珍しいらしく、ガイドのジョセフも「ユー・アー・ラッキー!」を連発している。
 これでアフリカビッグファイブも4つ目だ。



 そのあと続いて、なんと最後のビッグファイブ、ヒョウを見ることができた。これもラッキー! 
 なんだかんだこのツアーではビッグファイブすべてを見ることができてしまった。見た印象もさることながら、「自分はアフリカのサファリで○○を見た!」という事実がデカイ(ここらへんは僕もミーハーなので)。


写りは悪いが、一応最後のビッグファイブ、ヒョウ。



 このあと白サイやバッファローを見て、最後に今日のメイン、ナクル湖のフラミンゴを見にいった。


ビッグファイブのひとつ、バッファロー。


白サイ。




サルの親子。
 
 このフラミンゴがとにかくよかった。それも今回のツアーのなかでは抜けてよかった。
 さすが村井さんが強く勧めてくれただけのことはある。しかもここは、車から降りて湖のそばまで行くことができた。
 ゲームドライブはこれまでずっと車の中だった。もちろん危険なのでそうしなくてはならないのだけれど、車から降りて湖畔を歩くだけでも爽快だった。



 湖の沿岸をには何百何千というピンクと白のフラミンゴが所狭しとばかりに広がっている。ピンクの絨毯というのはさすがに大げさかもしれないが、それに近い驚きがここにはあった。



 フラミンゴが面白いのは、数匹(5匹〜10匹くらい)が一列になって移動する。これが白鳥の湖を踊っているようで面白い。





 一生懸命ビデオカメラをまわす学生コンビ。一人でデジカメに夢中になるY子ちゃん。この光景にたそがれているTさんとM子ちゃん。そして、やたらフラミンゴに近づいて、群れを岸から遠ざけてしまう僕。
 みんなに聞いても、ここが一番良かったと言っていた。








丘から見たらこんな感じ。


 さらに湖の別の場所ではペリカンの群れを見ることができた。フラミンゴの後だったのでインパクトでは負けたけど、これもかなりよかった。ペリカン便にはぜひともここでCM撮影をやってもらいたいものだ。







 というわけで、これでツアーは終了。午後1時には車に乗り込んでナイロビに向かった。
 宿に着いたのは午後6時。結局このツアー、起きている時間の8割は車の中だった。僕は移動が苦にならないのでまだまだ元気だったけれど、みんなは結構疲れただろう。


ガイド兼ドライバーのジョセフには本当にお世話になった。

 それでも帰って早々にダハブゲームをするあたりはまだまだ元気だ。疲れているくせにもっともらしい嘘をいけしゃあしゃあとついていた。

 動物と触れ合ったこの4日間はなかなかできない貴重な体験だった。
 が、しかし、実は明日も動物との触れ合いが続く。そのあたりは明日のブログで。

 
author:tiger, category:Kenya, 23:45
-, -, - -