RSS | ATOM | SEARCH
サファリツアー延長、まだまだ楽しみはつづく……
日本を出発してから305日目
ただいま31カ国目
ケニアのマサイマラにいます


 サファリツアー3日目。

 今日でサファリツアーも最終日……のはずが、急遽もう1日延長してサファリを楽しむことになった。
 理由は、マサイマラ国立保護区とは別のナクル湖国立公園にも行くことにしたからだ。

 追加料金は80ドル。けっこう高かったけれど、ダカワの村井さんがこの国立公園をすごくすすめてくれていたので、是非とも行きたいと思っていた。

 どうしようかということになり、みんなどちらでもいいという感じだったけれど、学生のK君が、

「それじゃ、せっかくだから行きますか!」

 と言ってくれたので、ここぞとばかり、

「うん、行こう行こう!」

 とみんなを煽って決定してしまった。これが吉とでるか凶とでるか? それは明日のブログを見てのお楽しみということで。


 今日は朝早く起きて朝食を食べ、6時半にはハンティングを見にゲームドライブに出発した。
 朝のサファリは気持ちいい。日差しも強くなく、車に乗って景色を見ているだけで満足できる。


草原の朝日。


ガゼルの群れ。


愛しきキリンたち。

 
 そう、それだけで満足できる。

 たとえハンティングが見れなかったとしても……

 ……満足できる……はずだ。

 というわけで、残念ながらハンティングは見れず。そうそううまくはいかなかった。
 それでもキリンの群れとガゼルの群れを見てキャンプ場に帰り、次のナクル湖に向けて出発した。今日はほとんど移動日だった。


2泊したキャンプ場。

 途中、昼飯を食べに寄ったレストランでメガネをなくすというヘマをやらかしてしまったものの、8時間かけて夕方6時には宿に到着することができた。

 夕食はホテルでビュッフェ(シェフのジェームスは途中で帰ってしまった)。食事のあとはホテルのテラスで酒を飲みながらみんなで話した。

 その中で面白かったのが、ニュージーランドに住んでいたというK君。留学していたこともあり、人生の半分は海外で過ごしているらしいが、

「海外生活っていうと、かっこいいように思われがちですけど、僕はニュージーランドの田舎の牧場に住んでいたので、毎日牛のウンコを投げて遊んでいたんですよ。だって他に遊ぶことがないんですもん」

「ゴキブリとかはまだいいですよ。怖いのはムカデ。やつらに刺されると、ホント痛いんですって。ムカデに刺されたことありますか?」

 という感じで、面白い。ちなみに僕はウンコを投げて遊んだことはないが、ムカデには何度もやられている。なので、彼同様ゴキブリよりもムカデが嫌いだ。

 彼は大学在学中に会社をおこし、タイの市場で買い付けをして日本で卸していたらしい。営業にも飛び込みでまわっていたというし、まだ学生だというのにたいしたもんだ。
 今回の旅もY君と共同のホームページにスポンサーについてもらって、旅の援助をしてもらっているらしい。それを考えつくのもすごいけど、実際にやるのもすごい。
 スポンサーの契約上、各国でビデオカメラをまわしてレポートしているそうだが、帰国後にホームページで今回の映像を見るのが楽しみだ。

 前にブログでも書いたけど、学生パッカーはすごい。彼らと比べれば、僕なんて大学時代は鼻水をたらしてた。

 彼らは将来大物になるだろう。今のうちに仲良くなっておかなければ!


author:tiger, category:Kenya, 23:11
-, -, - -