RSS | ATOM | SEARCH
チェスキー・クルムロフを観賞する
日本を出発してから259日目
ただいま25カ国目
チェコのチェスキー・クルムロフにいます


 昨日にひきつづき、今日もチェスキーに泊まることになった。あと、まる一日残っている。昨日で町はあらかたまわった。今日一日で新しくまわるところはほとんどないだろう。でも、そこからでも面白い観光はできる。今日の観光はそういう意味で有意義だった。

 今日はNと別々にチェスキーの町を観光することにした。
 別行動についてだけれど、旅を一緒に行動すると、すべて同じ行動をとってしまいがちになる(とくに2人だと)。でも僕は、あまりそういうのは好きではない。一緒にいて楽しいところや食事のときだけ一緒に行動して、あとはそれぞれの旅、それぞれの観光を楽しめばよいと思う。
 3ヶ月間一緒に旅したヒロシ君ともそうだったし、1ヶ月半一緒だったS君ともそうだった。「けっこう冷めてるね」とたまに言われるが、もともとが自分勝手な性格なんだろう。そのほうがお互い気が楽だし、好きなことができる。相手に干渉しないけど、相手も干渉しないでほしい、そんなかんじ。やっぱり僕はB型だ。(ちなみにNもB型だ)

 というわけで、Nは日中、チェスキーの町をスケッチしに行くという。Nは日本でグラフィックデザイナーをしていて、デザインをしたり絵を描いたりしていたらしい。あとで描いた絵を見せてもらったけど、絵を描けるのっていいなと思う。それ自体が描く人の心をやさしくしてくれそうだし。(僕も描いてみようかなあ……)
 僕はといえば、特にすることもなく、土産物屋に入ったり、川べりのベンチに腰掛けて日記を書いたり、思いついた場所に適当に足を伸ばして、気がつけば結構な距離を歩いていた。(これは簡単にできそうだけれど、案外できる町は少ないように思う)
















加藤茶の家がありました。

 この町は歩いていても疲れない。どこを歩いていても充実感があって、移動というものが存在しないからだ。しかも今日まわった場所はほとんどが昨日一度きた場所だった。
 2度目に訪れた場所は気分的にも時間的にものんびり見ることができる。写真を撮るという義務感にもかられない(それでもまた撮ってしまうのだけど……)。「観光」と「観賞」は違うと思うのだけれど、昨日のが「観光」なら今日のは「観賞」だったと思う。

 Nとは夕方5時に宿で待ち合わせをして食事をしようということになっていたのだけれど、町のアートギャラリーで偶然鉢合わせた。
 絵は一応描き終わったというので、僕が今日見てきたチェスキー・クルムロフ城の裏にある庭園の湖に一緒に行ってみることにした。2日間で4度目のチェスキー・クルムロフ城。城もいいけれど、その裏にある庭園は通路が楽園への入り口みたいになっていてそそられる。









 自然いっぱいの庭園で別に会話をするでもなくのんびりすごし、まわりが暗くなったあたりで、昨日のレストランに夕食を食いにいった。連日の贅沢だけれど問題なし。ビールと美味い飯を食って(ここのポテトサラダは絶品だった)宿に戻った。



 今日はチェスキーの町をまわりながら、一日中、仕事のことを考えていた。頭の中でいろんなことが行ったり来たりしながら、行き詰ると場所をかえて同じことを考えていた(昨日のブログ参照)。もちろん結論はでないのだけれど……。
 夜中も2時半までNと話し込んでしまった。
author:tiger, category:Czech, 00:40
-, -, - -