RSS | ATOM | SEARCH
野宿慣れ。
日本を出発してから268日目
ただいま26カ国目
ドイツのベルリンにいます


 今日は昨日にお昼前に起きて12時にチェックアウトを済ませた。
 次なる目的地はポーランドなのだけれど、ちょうどいい夜行バス、夜行列車がなく、一番安いのが早朝発のバスだったので、明日朝6時15分のポーランド・クラクフ行きのバスチケットを入手していた(29ユーロ)。
 出発時刻が朝早く、宿からバスターミナルまでは少し離れていたので、それならバスターミナルで一夜をあかそうと考えてチェックアウトしたのだ。

 今日も昼過ぎにSちゃんの家におじゃまさせてもらって、ぐだぐだしたあと、夕方の4時前くらいに家を出て、列車に乗って一人で夕飯を食いにいった。
 今日はナディアがバイト先のレストランで僕にディナーをごちそうしてくれるという。レストランの最寄り駅はちょっと遠かったけれど、タダでレストランで飯が食えるなんてたまらない。
 ナディアはインドレストランで働いていた。本当はドイツ料理の食えるレストランを期待していたのだけれど、そこまで贅沢をいったらバチがあたる。久しぶりにチキンカレーを頼んで、あっという間にたいらげてしまった。

 ナディアとはこれでお別れ。つぎに会えるのはいつになるかわからないけれど、今回があったから、もしかしたら次回もあるかもしれない。


ナディア

 夕方6時には暇になってしまった。列車料金も2・1ユーロ(340円)と高いのであまり移動もできないし、お金もない。やることがなくなってしまい、そのままバスターミナルまで行ってしまった。

 6時半にバスターミナルに到着。出発まではまだ12時間もある。こんなときに誰か日本人の旅仲間がいてくれたら話相手に助かるのだが、今日は一人。運良く待合室が広く、ベンチも寝やすそうだったので、9時くらいにはベンチに横になって寝てしまった。

 最近、夜行での移動や野宿が多いので、こういう寝にくい場所での睡眠にも慣れてきたのかもしれない。「野宿慣れ」。あまり響きのいい言葉ではないけれど、生活環境なんてつまるところは「慣れ」なのかもしれない。
 途中何度か起きながらも、早朝の出発時刻まで6〜7時間寝てしまった。これじゃ、いつもより睡眠時間が長いではないか。
 
author:tiger, category:Germany, 12:35
-, -, - -