RSS | ATOM | SEARCH
ヒロシ君との最後の夜
日本を出発してから257日目
ただいま25カ国目
チェコのプラハにいます


 昨日ミュンヘンを出た夜行バスは早朝5時にチェコのプラハに到着した。さすがにタフな僕も、野宿、野宿、夜行バスとつづくと多少疲れが溜まっているのかもしれない。

 宿はバスターミナルからほど近い「ホステル・エルフ」というユースホステル。1泊320コルナ(1600円)のドミトリーは11時までチェックインできないというわけで、団欒室のソファで仮眠することにした。
 しばらくするとミュンヘンで一緒だったT君がやってきた。彼は昨晩、この宿に泊まっていたらしい。ヒロシ君はミュンヘンに来る前に数日間ここプラハに滞在しており、だいたい町のことは分かっているというので、T君も一緒に3人でスーパーに買い物がてら観光をしにいくことにした。

 火薬塔、旧市庁舎の天文時計と見てまわり、カレル橋までくると、その風景に目を奪われた。ヴルタヴァ川の流れる向こう岸には赤瓦の屋根が立ち並び、その先にはプラハ城が見える。
 曇り空というのもあるかもしれないが、どことなく寂しげであり、どことなく優しげでもある。町全体がほどよい湿度を持っていて、疲れた身体をやさしく包んでくれる。

 プラハ、いい町だなあ……。


火薬塔


旧市庁舎


天文時計




ヴルタヴァ川


カレル橋

 そう思いながら町をしばらく歩き、正午頃にはスーパーで買い物を済ませて宿に戻った。
 仮眠をとって夕方4時に起きると、スーパーで買った食材で夕飯を済ませる。
 今日は疲れたと言っているわけにはいかない。今日のメインは劇場観賞第5弾、バレエ「白鳥の湖」を観にいくことだ。
 今日のメンバーは6人。ミュンヘンメンバー3人と同宿で一緒になった日本人3人だ。チケット料金は100コルナ(500円)。安い。

 ある程度の内容を事前に教えてもらっていたことと、知っている曲が使われていたことで、かなりわかりやすかった。バレエ自体もブダペストで見たときよりもかなり技術的にすぐれていた気がした。
 おまけに気の合った6人で一緒に観に行けたことで、その素晴らしさを共有することができたのがよかった。一人で観に行って余韻に浸るのもいいけれど、みんなで観るのもいい。







 宿に帰ると、明日いよいよお別れのヒロシ君、そして明日で離れ離れになる他の仲間とのお別れ会を団欒室のソファーでビールを飲みながら催した。みんなで楽しく盛り上がり撮影会をやったあと、夜中の2時くらいからはヒロシ君と最後のシーシャ(水パイプ)、最後のギャモン、最後の四つ並べをして彼との旅をしめくくった。

 ちなみにギャモンはヒロシ君の勝ち、四つ並べは僕の勝ちで、この決着は日本で着けようという約束をして朝方4時に床についた。
 最初にペルーのリマで会い、モロッコで2ヶ月半ぶりの再会を果たしてからは会ったり別れたりしながら約3ヶ月半旅をした。一緒にいたのは正味2ヶ月半くらいだろうか。これは今回の旅でお互い最長の旅友だ。
 お互いの旅のスタイルを尊重して、会ったり別れたりしながら旅を続けたのがよかったのだと思う。ほどよい距離をとりながら、一緒にいた3ヵ月半の間にもお互いそれぞれの新しい仲間ができた。

 彼が日本に帰ってしまうのは寂しいはずなのに、なぜかあまり寂しさは湧いてこなかった。またしばらくしたらどっかで会えるような気がしたからだ。アフリカあたりで、アジアあたりで町を歩いていたら後ろからひょっこり声をかけてくるんじゃないか……、そんな気がした。

 まあ、それは実際無理な話なのだけれど、これから日本に帰っても、彼とは会ったり別れたりしながらよき友でありつづけたい。







 
author:tiger, category:Czech, 15:09
-, -, - -