RSS | ATOM | SEARCH
ソフィア名物
日本を出発してから226日目
ただいま19カ国目
ブルガリアのソフィアにいます


 ソフィア駅に着いたのは午前3時半。宿の予約はイスタンブールで一緒だったY君が一足先にソフィアに行ってしておいてくれたのだけれど、さすがにこの時間は早い。仕方なく駅で時間をつぶして6時半に「シスターズイン」という宿に向かった。

 早朝とはいえ、やはりヨーロッパに入ったことで、町並みも人間も違う。中東のごみごみ感がなく、建築様式や人間の対応も違う。橋の欄干にはライオンの彫刻が飾られており、道で会う人間もこちらに干渉しないどころか、じろじろ見ることすらしてこない。

 こう思うと、中東に少し疲れを感じていたのかもしれない。
 どの国も面白く、人間のごみごみ感は好きではあるのだけれど、中東での1ヶ月は精神的にも肉体的にも負担をかけていたのかもしれない。久しぶりの穏やかな空気に安堵してしまったようだ。

 宿に行くと、テラスでY君がタバコを吸っていた。やけに起きるの早いなあと思っていたら、さっきまで徹夜でカジノに行っていて、これから寝るところだという。
 そうだ、ここソフィアにはカジノがある。ラスベガス以来久しぶりとなるが、この町ではカジノにも挑戦してみよう。

 昨夜はバスの中でブルガリア人の子供と遊んでいたので一睡もしていない。本来なら眠たいはずなのだけれど、ヨーロッパインの興奮からかさほど眠気もなく、そのまま市内観光にくりだすことにした。
 楽しみにしていたオペラはオペラ座が改装中で中止。仕方なく市内を散策し、海外アートギャラリーで絵画を見て宿に戻った。




オペラ座のえらそうなおっちゃんの像。

 夕方には宿のみんなで中華レストラン「亜州(アジア)」へ。これでもかというほどの大盛りチャーハン、マーボー豆腐、チンジャオロース、焼きそばを頼んでみんなでとりわけ、ビールを飲みながら中華を堪能。気持ちよくなったところでカジノに行くことにした。





 カジノはシェラトンホテルの中にあり、まずカードを作って中に入る。ここはドリンク(アルコール含む)やタバコがフリーでもらえる。これはかなりありがたい。
 とりあえず今日は様子見ということで、テーブルゲームは見るだけにしてマシンのルーレットで遊ぶことにした。
 結果は10レバ負け。けっこう長時間遊んで日本円で800円だからたいしたことはないのだけれど、旅での800円はけっこうでかい。
 ビールを2杯飲んでもとをとり、この旅初のマルボロをボックスでもらって、ちょっと得した気分で今日のところは切り上げることにした。(海外でのマルボロはかなり高価なタバコ。普通に買ったら400〜500円するので手が出せないのです)
 ここソフィアにはしばらくいるつもりなので、次回のカジノでの必勝を期してカジノを出ることにした。

 宿に帰る。もう深夜なのだけれど何か落ち着かない。全然寝ていないはずなのに、ビールも2杯飲んだはずなのに眠くない。
 仕方ないので(というとツッコまれそうだけれど)、ソフィア名物のストリップに行ってみることにした。
 
 バックパッカーの間では、ソフィアは特別観光する場所がなく、やることといえば「中華とカジノとストリップ」ということになっている。
 ブルガリアはヨーロッパのなかでは1番といっていいほど物価が安い。ストリップもカジノも中華もどこの国にもあるのだけれど、ここでやらなきゃ他でできないからそういうことになっているのだろう。

 で、せっかくだからその3つを初日からやってしまえというわけで、旅友ヒロシ君と深夜2時に宿を出てストリップに向かうことにしたのだ。
 店の場所は情報ノートにでていたのでデジカメで写真をとってそれをみながら歩く。20分ほどでついたストリップは怪しげなピンクのネオンで入り口が飾られており、みるからにいかがわしい。

 入場料は5レバ(400円)とストリップにしては安い。室内は周囲がソファで囲まれており、そのなかに3つのお立ち台があって、そこで女の子が服を脱いでいく。ときおりお立ち台中央の棒を使って女の子がクルクルまわるのだけれど、女の子がやる気のなさげな感じで演技しているのではっきり言ってつまらなかった。
 それでもせっかく来たのでビール1杯(5レバ)で1時間半ねばり、帰りにピザを食って宿に帰った。まあ、総額800円で見れたのだからよしにしよう。安さだけが救いだったけれど、これも経験。もうストリップに行くことはないだろうけどね。



 宿に帰ったのは午前5時半。さすがにずっと寝てないことに気づいて布団に入ると、あっという間に眠ってしまった。
 
author:tiger, category:Bulgaria, 11:46
-, -, - -