RSS | ATOM | SEARCH
レバノン入国
日本を出発してから213日目
ただいま17カ国目
レバノンのベイルートにいます


 本日はレバノン入国日。レバノンは内戦が今でもつづいていて、テロなども起きていることから危ないとされているが、いろいろな情報を聞くと、危ない区域にいかなければ大丈夫らしい。
 たぶん今行っておかなければもう行く機会はないだろう。せっかく中東にやってきたのだから、イスラエルにも行ったし、レバノンも行けるなら行っておこう。そう思ってレバノン行きを決定した。

 S君と韓国人のリーとともに宿を出る。ベイルートまではダマスカスからバスが出ており、国境を通過してそのままベイルートまで連れて行ってくれるらしい。
 レバノンビザは国境で取得できる。トランジットビザで入ればタダなのだけれど、制限時間が48時間と短い。
 最初はそれでもベイルートだけ行けばいいかと考えていたのだけれど、せっかく入国したのだから、もうちょっといようと5ドルだして15日ビザを取得した。
 
 午後2時半にはベイルートに到着。バスターミナルから歩いて宿をさがし、「ペンション・アルナズィ」というホステルにドミトリー7・5ドルで泊まることにした。
 本当は今日中にベイルートの町をまわろうと思っていたのだけれど、ヒロシ君情報では、この町はあまり見所がないらしい。そう聞いて重い足を持ち上げる余力は残っておらず、夕方まで宿で話をしていた。


戦争の痕跡はところどころに残っている。
 
 夕方、レバノンの郷土料理を食べようと、3人でちょっといい店にいって食事をした。全体的に味は濃いがその付け合せとして生の長ネギやカブがついている。カブを食べたとき、ちょっと日本を思い出した。





 食事の帰り、通りがかったバーに「サングリアデー」なる文字を見つけた。バーは高いのでこの旅中ほとんど入ったことはなかったのだけれど、この文字は酒好きの心をくすぐる。
 困ったことに、この旅一番の飲み仲間、S君も一緒にいるではないか。もうだめだ。飲むかー。
 
 宿に戻って少し休み、韓国人のリーとオーストリア人も連れて3人でバーに向かうことにした。久しぶりの高級な酒の味。酔いも早いがペースも速く、店を出るときにはすっかり酔っ払ってしまった。
 店を出ると向こうのほうにモスクがライトアップされている。これはなかなかいい眺め。酔い覚ましも兼ねて、そこまで散歩することになったのだが、酔い覚ましどころか、すっかり酒がまわってフラフラだった。



 海外でよっぱらえる。これも旅の醍醐味だ。

 なんて勝手なことを考えながら、もつれる足にカツを入れてなんとか宿にたどりついた。
author:tiger, category:Lebanon, 06:03
-, -, - -