RSS | ATOM | SEARCH
イスラエル入国成功!
日本を出発してから205日目
ただいま15カ国目
イスラエルのエルサレムにいます


 今日はいよいよイスラエルへ入国する。入国するというより、入国できたらするといったほうが正確かもしれない。

 昨日のブログにも書いたが、イスラエル入国の際に入国スタンプを押されると、シリアに入国できなくなってしまう。
 なんとか国境での入国審査の際にスタンプを別紙に押してもらえるようお願いし、受け入れてもらわなくてはならない。

 クリフホテルを朝8時半に出発して、同じくイスラエルに向かう日本人5人でタクシーをシェアし、バスターミナルに向かう。バスに乗ってヨルダンボーダーに着くと、まずはヨルダンの出国スタンプを別紙に押してもらわなければならない。
 こうしないと、ヨルダンの出入国スタンプがイスラエルに入国したことを暗に示してしまうからだ。
 
 ここは簡単にノースタンプで通過。ここからバスに乗り、次に問題のイスラエルボーダーに着く。ここの入国審査は厳しく、色々な質問をされ、不審な点がある場合は別室行き。長ければ10時間にも及ぶ取調べが行われるらしい。
 これまで会った旅人に聞いたところでは、問答無用にスタンプを押された人間もいて、その時の審査官の気分次第といっていた。最近は比較的入国できる可能性が高いようだが、それでも安心はできない。

 5人いる日本人のうち、先陣をきったのは僕。男で一番年長なので、一番ヤリを務めることにしたのだが、正直緊張しまくりだった。
 まずは比較的温厚な審査官のいる列を狙って並ぶ。番が来ると、パスポート渡す。そのとき「ノースタンプ、プリーズ」と言うことを忘れてはならない。すると、審査官から質問攻めがはじまった。

「どうしてノースタンプなの?」
「これからシリアに行こうと思っているからです」
「イスラエルはどこに行くのですか?」
「エルサレムに行きます」
「エルサレムではどこに泊まるのですか?」
「パームホテルに泊まります」
「シリアのあとはどこに行くの?」
「トルコに行く予定です」
「そこから日本に帰るのですか?」
「はい、多分そうなると思います」
「トルコからの航空券は持っているのですか?」
「いや、まだ取っていません。トルコで入手する予定です」
「ちょっとまって……」

 審査官が電話で何かを確認している。これはマズイ。別室行きだろうかとあやぶんでいると、30秒ほどで話は終わり、別紙にスタンプを押してくれ、無事に入国することができた。
 僕のたどたどしい英語が相手の質問意欲を失わせたのがよかったのかもしれない。終始最高の笑顔をふりまいていたのが功をそうしたのかもしれない。なんにせよ、これで15カ国目、イスラエル入国だ。

 残りの4人も僕のあとということで、まとめて審査官のところに呼ばれ、問題なくノースタンプで入国することができた。
 
 エルサレムでは一足さきに入国していた相棒のヒロシ君が宿で僕らの到着を待ってくれていた。何はともあれ、無事再会。この日は緊張感と移動の疲れもあって、宿でのんびり時間をすごした。
 明日はパレスチナ自治区に行く予定。イスラエルに来たらここに行っとかないと面白くない。よくそんなことを聞くので、どんなところなのか期待は膨らむ。




広場に展示されていた各国のお国柄を出した熊の像。


これ、日本。このシンプルさを見て日本人は何を思う。



 
author:tiger, category:Israel, 10:43
-, -, - -