RSS | ATOM | SEARCH
アブシンベル神殿とイシス神殿
日本を出発してから171日目
ただいま13カ国目
エジプトのアスワンにいます


 今日はツアーでアブシンベル神殿、イシス神殿、アスワンハイダムの三箇所をまわる。 
 出発は午前3時半。早い。
 エジプト観光の難点はとにかく日中は暑いこと。今がちょうど一番暑い時期なのだけれど、昼間はあまり動けないので、午前中の早い時間にまわってしまわなければならない。




ナセル湖。
 
 というわけで、まずは3時間かけてアブシンベル神殿に到着した。
 世界遺産にもなっているアブシンベル神殿は今から約3300年前に古代エジプト王朝のラメセス2世が建設したとされている。ラメセス2世はそうとう自己顕示欲が強かったらしく、この神殿の正面には高さ20メートルもある自身の巨像を4体も造らせている。
 ピラミッドなども王が自らの権力を誇示するために造らせたとされているが、そのためにどれだけの人間が苦しんだことだろう。古代の王さまはどんだけエライんだ! と言いたくなってしまう。



 でも、実はこの神殿、最初からこの場所に存在していたわけではない。アスワンハイダムの建設により水没の危機にあったこの神殿をユネスコが国際キャンペーンにより救済した。
 大移転工事は1964年から行われ、1968年には60メートル高い現在の場所にそっくりそのまま移転されたのだという。
 遺跡自体もなかなかよかったけれど、この大きな遺跡をブロックに切断してこの地まで運んでしまったということが一番印象的だった。







 次にアスワンハイダムに向かう。社会の授業でも習ったこの有名なダムは幅3600メートル、高さ111メートルという巨大建築物。ここから上流には琵琶湖の7.5倍あるという人工湖、ナセル湖が続いている。
 肩書きだけはすごいけど、旅人の間では「見る価値なし」との評判が高い。僕自身、特別見たいとも思わなかったのだけれど、せっかく来たのだから入ってみた。
 すると案の定、「なんだコレ?」という代物だった。イメージしていた巨大なダムの壁は存在せず、あるのは広い湖とゴチャゴチャしたコンクリの建設物があるのみ。川をちょっと堰き止めているというだけにしか見えないのだ。




どういうダムだかさっぱりわからん。

 さっさとバスに乗れと急かされて、観光は10分で終了。高さ111メートルはいったいどこにあったんだろう。一応アスワンハイダムを見ましたよ。という話のネタにしかならない観光地だった。

 最後にまわったイシス神殿はそんなに期待していなかったぶん、かなり楽しむことができた。
 ボートに乗ってナイル川を渡り、10分ほどでアギルキア島に到着すると、すぐ目の前がイシス神殿だった。神殿自体はアブシンベル神殿とくらべるとずっと小さかったのだけれど、何本もの巨柱、いくつもの部屋がしっかりとした形で残っており、各壁、各柱、各天井、そのいたるところに形象文字や壁画がほどこされていた。















 これまでもいくつかの文明を見てきたけれど、どうも僕はこのエジプト文明が一番好きらしい(そういえばニューヨークのメトロポリタン美術館でもエジプト文明が一番面白かった)。
 エジプト文明は紀元前3000年頃に始まったとされている。今からだいたい5000年前。それだけでも気の遠くなる話なのだけれど、その頃造られた遺跡が、現在でもこれほどまで鮮明に残っていることがまずすばらしい。
「これって後から似せて造ったものでしょ」と誰もが思いたくなるほど保存状態がよく(もちろん修復はされているが)、5000年前の文字や絵が今でもしっかりと確認することができる。
 しかもその建築技術はかなり高度なもので、建築や壁画に見られる芸術性も高い。特に僕は壁画が好きで、いつまで見ていても飽きるということがない。
 ひとつひとつの絵には当時の生活の様子や権力構造の意味合いが込められていて、それらを考えながら頭の中で勝手に空想の世界を作っていく。イメージはいくらでも広がり、いくら時間があっても飽きることがない。
 こういう王がいて、こんな妃がいて、こんな町並みがあって、こんな臭いがする。さらに登場人物を身近な人間にあてはめてみると、さらに空想は楽しくなる。ちなみには僕自身は王の時が多いけど……。

 ツアーは午後3時半に終了。そのまま宿で荷物をひきとって、夕方5時45分の列車でルクソールに移動した。
 ルクソールに着くと、すぐに宿さがし。駅に客引きにきていた「イッサラーム」という宿をルクソールの住処にする(一泊ツインで15ポンド。一人7.5ポンド、150円はこの旅最安値)。
 ルクソールは日中気温が50度まで上昇するという。アスワンもカイロと比べてかなり暑かったけれど、エアコン付の部屋に泊まっていたことと、観光がツアーでバス移動だったこともあり、なんとか耐え抜くことができた。
 
 今回は部屋にエアコンもついていない。アスワンのようにはいかないだろう。ルクソールの気温50度とはいったいどんなものなのか。辛いだろうけど、明日からがちょっと楽しみだ。
 
author:tiger, category:Egypt, 05:46
-, -, - -