RSS | ATOM | SEARCH
フェズという町
日本を出発してから145日目
ただいま12カ国目
モロッコのフェズにいます


 今日は夜行バスでフェズの町からメルズーガに移動する。メルズーガに移動する目的はもちろんサハラ砂漠。今回の旅のなかでもかなり楽しみにしているイベントの一つだ。

 というわけでフェズの町とも今日でお別れなわけだけれど、この町は非常に居心地のいい町だった。久しぶりにのんびりできたことと、久しぶりに物価の安い国にきたことで精神的にも楽だったけれど、この町にはそれ以上のものがあった。

 もともとモロッコという国がどんなところかも知らずにやってきたわけで、初のイスラム圏ということもあり最初は緊張もあった。
 アラブ式トイレも初体験だったし、布を頭からかぶっている女性にも最初の数日は抵抗があった。けれどもこの国はいい。人が元気で親切だ。なんか僕の中ではキューバとかなりかぶっている。
 多くの人種が混在し、貧しい人も多いのに治安がよく、悪質な商売や性質のわるい輩も少ない。なんか不思議な国だ。

 フェズ最終日の今日はどこに行こうか悩んだのだけれど、結局、メディアに行くしかないなということになった。これで3度目になるけれど、やはり新市街よりもメディナのほうが人間くさくて面白い。何度行っても飽きない場所だ。

 メディナの町を迷路に迷いながら歩く。もう道に迷うことにあせりなどない。
 日本人がいると嬉しそうに話し掛けてくるモロッコ人。道を聞くと行き先まで案内してくれるモロッコ人。コーラ一杯で2時間くつろぎ、昼寝までしていたのに笑っているモロッコ人店主。写真を撮ってもいいかと聞くと、照れくさそうにしながら笑顔でうなずいてくれる若いモロッコ人女性。反対に、デジカメをいじっていると、「私を撮って!」と言っていろんなポーズを撮ってくるモロッコ人少女。さらに、その周りでひやかすモロッコ人少年たち。……見ているだけで面白くて仕方がなかった。






この人、きれいだったなあ。




この少女は写真好き。カメラの前でポーズをとって何枚も撮らされた。

 お店もいい。革製品、織物、陶器、ガラス、石、いろんな素材からほとんどのものがハンドメイドで作られている。一つ一つの製品に味があり、その店の店主には更に味がある。

 今日は通算3度目となるメディナを6時間かけて回った。これまで発見できなかった市場も見ることができてご満悦。迷路都市にはまだ慣れていないものの、道の聞き方は慣れてきたので、過去2度と比べるとスムーズに観光することができた。





 毎日通ったサンドイッチ屋のおじさん、最初は怪しいかと思っていたけれど、実はすごく親切だった宿屋のオヤジ、好き勝手させてくれたネット屋の兄ちゃん、みんな今日でお別れだ。やっぱりある程度同じ場所に滞在すると、思い入れも深まり情も生まれる。
 明日からのサハラ砂漠が楽しみな反面、フェズという町を離れるのが名残惜しく感じた1日だった。
author:tiger, category:Morocco, 21:38
-, -, - -