RSS | ATOM | SEARCH
チェ・ゲバラ・メモリアル・ミュージアム
日本を出発してから109日目
ただいま9カ国目
キューバのサンタクララにいます


 今日の寝起きは最悪だった。胸焼けがする。そして非常に酒臭い。
 昨日はいつのまに寝たのだろう……。

 Mちゃんに聞いてみる。
「○○君、昨日、すごかったよ」
 ええっ! な、なにが……。

 どうやら酒を飲みすぎて、夜中便所にこもってゲーゲーしていたらしい。
 全く覚えていない。そういえばジーンズがオシャレな色に染まっている。
 詳しいことはみっともないのでここでは差し控えることにして、とにかく「ハバナクラブ」で完全に潰れてしまったのだ。

 さらに予想外の事態が。明日のハバナ発カンクン行きのチケットを確認してみると、なんと明日だと思っていた出発日が今日の日付だったのだ。
 完全なる勘違い。出発まであと2時間しかない。ここはハバナではなくサンタクララ。もう完全に間に合わない。あわてて宿の人にお願いして、クバーナ航空に電話してもらい、出発日を2日後に変更してもらった。

 あー、最悪だ。
 二日酔いでヘロヘロになりながら、そしてMちゃんに呆れられながら、重い足を引きずって「チェ・ゲバラ・メモリアル・ミュージアム」に足を運んだ。
 暑い、辛い、気持悪い。
 ゲバラ、こんな体調で訪れる僕を許してちょうだい。

 ゲバラ博物館はセントロから30分ほど歩いたところにあり、外にはゲバラの巨大な銅像が建てられ、サンタクララの町を見守っていた。



 ミュージアムの中に入る。落ち着いた感じの室内には、ゲバラがアルゼンチンで生まれ、その後南米を旅し、カストロに出会い、革命の士となりボリビアで死去するまでの写真や資料が時代順に展示してあった。
 大きく引き伸ばされた写真パネルを順に追っていく。すると、あの人物を発見してしまった。トリニダーで出会ったゲバラの参謀役ゴルバンだ。
 ゲバラとカストロの間に入って、スリーショットで写っている。
うわ、ゴルバンだ! すごい! 彼はここまでの人だったんだ!
 ゴルバンの写真はこの他にも何枚も発見した。しかもそのほとんどがゲバラと一緒。2人の関係を想像するだけで、ゴルバンと自分が実際に会って話したことに身震いがしてくる。

 二日酔いをおしてこの博物館に来てよかった。そしてサンタクララの町に来れてよかった。
 明日の朝は本当にハバナに移動する。2度もカンクン行きを延期したキューバともあと2日でお別れだ。


お昼寝タイムです。

夜中は地元のディスコに。
author:tiger, category:Cuba, 16:38
-, -, - -