RSS | ATOM | SEARCH
カンクンで毛染め
日本を出発して100日目
ただいま8カ国目
メキシコのカンクンにいます


 すっかり更新が滞った。実はこのあと中米、北米と移動するのだけれど、あまりに旅が楽しくて、ブログをさぼってしまった。
 旅が楽しいと、ブログを書く気がしなくなる。楽しいときこそ書く事があるだろうと思われるかもしれないけれど、書く事なんて探せば何かしらある。逆に本当に楽しい時は、ブログを書く事すら面倒くさくなり、そのまま快眠してしまうのだ。

 で、世界一周100日目の今日は何をしたかというと、明日からのキューバ行に備えた買出しと休養。これといって何をしたわけではないのだけれど、気分転換に髪の色を変えようと思った。

 仕事をしていると自由な髪型、自由な髪色ができないのが日本。それは悪しき風習ではなく、むしろ称えられるべきことのようにも思うのだけれど、まあ思いついたのでやることにした。

 目指すはシルバー。僕のサルサの師匠であるMちゃんに選んでもらった色にそのまま従うことにした。
 毛染め開始。スーパーで買ってきた毛染め液をまんべんなく髪に塗りたくったのだが、その途中、宿のオーナーから思わぬ一言が。
「おい、これ、白髪染めだぞ」

 えっ、ええっっ!
 そう。安さを重視して買った毛染め液はやたら量が少なく、髪のさほど長くない僕でもようやく液体が足りたほど。スペイン語が読めないので、パッケージの写真だけで選んだ毛染め液は白髪染めだった。 
 おいおい、こんなモデルを白髪染めのパッケージに使うなよな。色をシルバーにするどころか、よけに髪の毛が黒くなってしまった。
 
 結局、その日のうちに再度スーパーにいって再度毛染めにチャレンジしたものの、白髪染めがききすぎてほとんど効果なし。2度の毛染めは失敗に終わってしまった。
 うっ、うう。残念。また機会があったら今度こそ色をかっこよく変えてやる!


これがその白髪染め。パッケージにだまされた。
 
 
author:tiger, category:Mexico, 20:49
-, -, - -