RSS | ATOM | SEARCH
ティカル遺跡へ
日本を出発して96日目
ただいま8カ国目
グアテマラのフローレスにいます


 マヤ文明最大都市のティカルには紀元前数世紀から人が住み始め、紀元後300年〜800年には大都市として栄えた、らしい。そんなこともちろん全然知らないのだけれど、とりあえず「地球の歩き方」を見て簡単に勉強しておいた。
 
 今まで、あまり興味の無い遺跡に行くくらいだったら町を歩こうと思っていたので、旅を始めて3ヶ月間で遺跡はマチュピチュしか行っていない。今回も名前が有名なのでとりあえず行ってみるかという、ただそれだけの理由だったのだけれど、これが意外とすごかった。
 ティカル遺跡の敷地内は広く、じっくり見て歩こうと思えば丸1日かかってしまう。最初は山田と行ったのだけれど、すぐに別れて行動することにした。
 遺跡や博物館、土産物屋や市場はおのおののペースで勝手にまわるのに限る。人それぞれ感性は違うのだから。

 入場料50ケツ(750円)を払って敷地内に入る。大都市を形成していただけあって、遺跡は大小さまざまなのだけれど、最初はしょぼくてがっかりしていた。そのへんは素人であるから仕方ない。
 それが、いくつか回ったあとで「グラン・プラザ」という遺跡群とご対面した時に一変した。石で積み上げられた塔と建物が並んでいるだけなのだけれど、そこに古代都市があったのだと思わせるような迫力と荘厳さが見ただけで感じられた。それはもう、唖然とするだけで、まったくわからないくせに、思わず息を呑んでしまった。

 塔の上に登って眼下の風景を眺める。すると、こんな昔からこんな感じだったんだと勝手に想像が膨らんで、時間のたつのを忘れてしまう。遺跡には興味がなかったけれど、危うく大変な旅の忘れ物をするところだった。

 結局、時間をフルに使ってほぼ全ての遺跡を見てまわった。そのほかにもピラミッドや神殿、広場など、見所はいたるところにあって、最後まで興味深く遺跡を楽しむことができた。今までわからなかったけれど、今日一日で、遺跡好きな人が何が楽しくて遺跡めぐりをしているかが少しわかったような気がした。
 これからの旅はもうちょっと遺跡にも目を向けてみようと思わされる1日だった。

















author:tiger, category:Guatemala, 22:50
-, -, - -