RSS | ATOM | SEARCH
アンティグアでサルサを踊る
日本を出発して92日目
ただいま8カ国目
グアテマラのアンティグアにいます


 今日はサルサデー。昨日は夜遅くまで山田と報告会をしていたので、午前中はゆっくり休養。午後からY子さんとサルサ教室に行き、夜はサルサの踊れるお店に行って踊る予定になっている。

 夕方、一昨日行ったサルサ教室に行く。昨日キャンセルしたので、一コマ分あまっていたレッスンだったのだけれど、教室にいってみると今日はレッスンができないという。なんでも僕のマエストロになる予定だったカルロスが今日のお昼に怪我をしてしまったのだという。
レッスンが受けれないのは残念だけれど仕方ない。カルロスはとてもいい奴で、前回は僕が授業でないときも色々と教えてくれていた。彼の怪我が心配だ。

1回分のお金だけ返してもらって宿に戻る。すると、Y子さんが部屋からラジオを持ってきて、これで練習しようと言ってくれた。持つべきものは友達で、持つべきものは日本人。異国にきてもこれがあるから、これまで何度も助けられている。
たぶん日本だったらこんなケースありえないだろうなあ。

Y子さんはカナダとロサンゼルスにいたときにサルサをやっていたらしい。「私は滞在型だから」という彼女は旅をしないで定期的に海外に滞在していて、アンティグアはサルサではなく、スペイン語を習いにきているらしい。
なんか、それもいいなと思う。住んでみないとわからないことっていっぱいあるし、移動ばかりだとせわしないのはこの旅で身にしみている。

とりあえずラジオでサルサを流しながら、簡単なステップを習ってみた。日本語だし、すごく親切に教えてくれるのでわかりやすい。また、彼女はただでもかっこいいのに、踊るとさらにかっこいい。自分もこんな人をリードできて踊れたらさぞかし気分がいいだろうなと思う。
名マエストロのレッスンを無料で受けられ、技術も(多少)向上。1回分のレッスン料も浮いて言うことなしだった。

夜10時、宿の有志5人をつのって町に出た。今回のお店は踊る場所というよりもレストランといった感じで、一応生バンドの演奏はあるのだけれど踊れるスペースが狭い。カンクンで踊ったときと比べれば物足りなかったけれど、それでも最後は音楽に合わせて踊れたので、楽しくいい汗がかけた。







これでグアテマラでのサルサは終わりになるけれど、Y子さんとは日本に帰ったあと六本木あたりでサルサを踊りにいくこと、それまでにサルサを踊れるようになっていることを約束してしまった。
でも本当にそうなったらいいなと思う。いや、絶対に実現してみせるぞ!
author:tiger, category:Guatemala, 10:52
-, -, - -