RSS | ATOM | SEARCH
ハローグッドバイ
日本を出発してから64日目
ただいま5カ国目
ペルーのプーノにいます


 6時起床。
 外に出ると、お母さんのテウロシャはもうかまどに薪をくべて朝食の用意をしていた。

「オラ!」(やあ!)と声をかけると、「オラ!」と満面の笑顔を返してくれた。うーん、すがすがしい朝だ。


アマンニタ島の朝

 15分くらいしてワンネサが、さらに5分くらいしてローレスが眠たそうな目をこすりながら部屋から出てきた。
 一緒に食事の準備をしてパンとマテ茶をたいらげると、少女2人は昨日の折り紙が気になるらしく、鶴を空中で動かして遊んでいる。外に出て昨日作った手裏剣を飛ばして見せると、キャッキャッキャッキャいいながら僕の手から手裏剣を奪い取って二人で飛ばし始めた。
 5つあった手裏剣を二人で分けて飛ばし、2回にあがって飛ばしたり、5つまとめて飛ばしたりして遊んでいる。飛んでいった手裏剣拾いはいつのまにか僕の役目だ。何度も何度も飛ばして、そのたびに飛び跳ねながら喜んでいる。子供っていいなあ……。
 
 あっというまに7時半になって、あっというまに別れの時間になった。最後に記念撮影したあとで、みんなと一人ずつ握手した。テウロシャの皺だらけの手、ワンネサ、ローレスの小さなかわいい手が僕の手を握るたびに、切なくなってくる。もっともっとここにいたい。

「ハローグッドバイ」。旅をしていると出会ってもすぐに別れがくる。
 この旅でも常にそうだった。仲良くなったバックパッカーが、宿主が、売店のおばちゃんが、会ったと思ったらサヨナラだ。慣れっこだったはずなのに、とくに今回は辛かった。この家族がこの先ずっと幸せに暮らしていければいいなと思った。本当に心からそう思った。








テウロシャは港まで見送りに来てくれた。

 今日はこのあと3つ目の島、タキーレ島に渡り、島を練り歩いたあとプーノに戻った。タキーレ島では売り子をしている少女から1ソル(36円)でミサンガを買い(というか、なかば強引に押し売られた)、生まれてはじめてミサンガをつけた。
 3時半にはプーノに到着し、今日はこれまで。明日のクスコまでのバスチケットを入手すると宿に戻ってのんびりしていた。
author:tiger, category:Peru, 17:26
-, -, - -