RSS | ATOM | SEARCH
久しぶりのプラハ、久しぶりの中華料理店
ヨーロッパ旅 11日目
ただいま、5カ国目
チェコのプラハにいます



昨日の夜10時半にアムステルダムを出発したバスは正午12時半にチェコのプラハに到着した。走行時間14時間。長時間移動はそんなに苦ではない。

どこでも寝られるし、バスで読書しても酔わないし、音楽聴いたり、ラジオ聴いたり、風景を眺めていたらすぐに時間が過ぎてしまう。

今回も移動していた14時間中、10時間くらい寝てたからこの旅行中で一番よく寝たことになる。


プラハに来るのは6年ぶり。今回のヨーロッパ旅行で初めての再訪都市だ。


前回の訪問では、チェコの町に魅了された。特別な観光地といえばプラハ城くらいだけど、とにかくまた来たくなるのがプラハという町。何がよいかというと、


町がよい。

町の雰囲気がよい。


町のどのあたりが良いかというと、これは実際に来てみなければ分からない。


この国の通貨はコルナ。1コルナがだいたい5円くらいだ。今まではずっとユーロだったけど、東ヨーロッパではまだ自国通貨を使っている国が多い。バスターミナルのATMで3000円分のコルナをおろす。2泊3日だからこれくらいあれば足りるはずだ。


東ヨーロッパに来たことで、物価がかなり安くなった。
ヨーロッパでは北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、南ヨーロッパ、東ヨーロッパの順で物価が安い。
バスターミナルで次の目的地、ハンガリーのブダペストまでのバスチケットを買ったけど、7時間も乗車するのに20ユーロと安かった。

ここからしばらくはお金を気にしないで旅ができそうだ。


プラハの地下鉄



プラハの路面電車


バスターミナルから地下鉄を利用してホテルの最寄り駅まで移動し、そこから歩いて5分ほどで宿泊するホテルが見つかった。今回の宿は「CityStay Hostel」。インターネットで予約した1泊13.5ユーロのユースホステルだ。






部屋は10人部屋のミックスドミトリー。オランダとは違って広く、過ごしやすそうだ。


キッチンもついている。冷蔵庫があるのがありがたい。


とりあえずまだ時間があるので、久しぶりのプラハの町を歩いて回った。

ホテルが前回とはかなり違う場所にあるので、初めて見るものも多く、適当に写真をとって回ったので掲載しておこう。


国立博物館


国立オペラ劇場



ヴァーツラフ広場



路上演奏



プラハの町並み



ヴルタヴァ川の湖畔


ヴルタヴァ川から見えるカレル橋とプラハ城



物価が少し下がったこともあって、アイスクリームとビールをつまみぐい。



結局3時間ほど町中をぐるぐる歩いて、カレル橋の先まで行った。カレル橋は翌日も行ったので写真は明日のブログに掲載するとして、暑い中歩き回って疲れたのでホテルに戻ることにした。

ホテルに帰る途中、火薬庫の近くにある看板に目が留まった。



頤和園飯店!




そう、中華料理店である。しかも、この店は6年前の世界一周中に米が食べたくなってかけこんだ店と同じ店ではないか。

おお、懐かしい〜


そういえば、この旅が始まって以来、米を食べていないではないか。

値段もそんなに高くなかったし、6年ぶりにその店に入ってみた。



海外をまわっていると、日本食が懐かしくなるときがある。

そんな時、旅人は中華料理店に入る。世界中には多くの国にチャイナタウンや中華料理店があるからだ。

日本料理店とは違い、値段はそんなに高くない。それどころか、現地のレストランよりも安いことが多い。

そして、不思議なことに、日本食が恋しくても、中華料理を食べると日本料理を食べたようにお腹が満たされるのだ。



鶏肉の野菜炒め&ビール(113コルナ、565円)


中華料理で腹を満たし、宿に戻ったのは夜の7時半。

すると、偶然にも同じ宿で日本人の旅行者に3人も出会った。

3人とも女性で、2人は世界一周中、もう一人はフランスに留学中で、夏休みを利用して遊びにきているという。


女性のバックパッカーは実は男性以上にかなり大変だ。


男性より体力がないのに重いバックパックをかついで移動しなければならない。

女性としての身の危険もあるし、女性としての体調不順もある。

化粧などの身だしなみも必要だし、そのぶん荷物も増える。

おまけにミックスドミトリーでは知らない男性と同じ部屋で生活し、衣類も自分で洗ってそこに干さないといけない。


男性よりもずっと大変なのである。


プラハに着いて、夜暗くなるのが早くなった。だいたい9時過ぎには暗くなる。これで少し生活しやすくなるかもしれない。



明日はまる1日、ぶらぶらとプラハの町を歩き回ろうと思う。

 




author:tigerblog, category:ヨーロッパ番外編, 18:46
-, -, - -